皮膚筋炎/間質性肺炎 抗MDA5抗体の奇跡的回復

膠原病→皮膚筋炎→間質性肺炎→最悪の急速進行性間質性肺炎 MDA5→余命宣告30日→奇跡的回復で退院 これまでの経緯をまとめました

死を待つだけだった妻が助かった方法教えます

f:id:shiramitsu:20180527000456j:plain

 このページの文章だけを読んでいただいても信じてくださる方は少数だと思います
本来なら病状経過を書くのですから〈糖鎖〉を実際に飲むのははずっと後のことだからです

しかし困っている方、苦しんでみえる方、妻と同じような状況の方達に、

早く伝えたい!早く飲んで欲しい!と思い

糖鎖の紹介ページを作りました

信じられない方、容態が安定しててそれほど慌てて何かしないといけない、ということもない方は、更新には時間がかかりますが退院までの経過を書いていきますので、お読みになられたそれからでもお考えください

退院まで読んでいただけましたら、きっと〈糖鎖〉が妻を助けてくれた。ということが決して嘘ではない事が証明されると思います

※妻には効果がありましたが、あくまでもサプリメントですので全ての方に効果があるということではありません。効果には個人差があります。その点ご留意ください。



膠原病 → 皮膚筋炎 → 間質性肺炎 → 急速進行性間質性肺炎のため入院4ヶ月間で数々の治療を行ったにもかかわらず肺の悪化を止めることができず打つ手が無くなりました。

不思議なことに妻は特に重い副作用が出なかったためいろいろなことをすることが出来ましたが、しかしそれもここまで、医師の言葉を借りれば「人間が耐えられる限界の治療」を行なったそうです。

これ以上何か強い治療を行えば感染症のリスクが非常に高まり、急に命を落とすかもしれない。と説明を受けました。

そして最後に突きつけられた言葉が

「日に日に呼吸が苦しくなっていきます」

「あと1ヶ月は厳しいでしょう」

事前確認として容態が急に悪くなったときのため〈人工呼吸器〉の装着の有無の決断を迫られました。

ここまで追い込まれたら、あとは開き直るしかありません

医者が治せないのなら私が助ける。

私には何も根拠も力もあるわけでもなく、しかし絶対に助けると心に誓いました。

いろいろ調べるうちに間質性肺炎には糖鎖が効果ありの情報が目に付きました。

初めて〈とうさ〉を知った方もいらっしゃるでしょう

私も半信半疑でしたが、もう時間も頼る手立ても無く迷うことは出来ません
即購入しました。

これは紛れも無い事実ですが、はっきり言って証拠はありません。ですから妻には効果があっても個人差により万人に効くとは限りません。

でも糖鎖を飲みはじめて数日後から明らかに呼吸が楽になり、その後撮ったCTは医師が「信じられない」と驚くほどの肺の回復ぶり

なんと余命宣告を受けていた妻が

糖鎖を飲み始めて約1ヶ月で退院できたのです。

そして退院後も飲み続けて肺の回復は続いています。

もちろん懸命に治療していただいた先生や看護士さん、その他大勢の方のお力を頂いたからこそだと思います

しかし、最後の最後、本当の最後に頼った糖鎖が助けてくれたと私は思っています

時には喧嘩をしながらでも、ずっと私を支えてくれた妻
子供にとっては世界で一番大事なお母さん

値段は私にとっては非常に高価でした。


でも命の値段にしたら安すぎます

糖鎖とは



糖鎖とは、ブドウ糖などの糖がグリコシド結合でつながりあった化合物。細胞内のタンパク質や脂質と結合する特徴があります。

糖鎖の働き



糖鎖が以下3つの働きを正常に行い細胞同士をきちんと連携させていれば、体に元々備わっている自然治癒力や免疫力が十分に発揮されます

自己防衛機能 → 免疫力

自己修復機能 → 正常に戻ろうとする力

自己調整機能 → 現状を維持する力

病気との関係



何らかの理由で糖鎖に異常が起こると、本来は外的から身を守る免疫機能が正常に働かなくなります。それどころか、間違って正常な細胞を攻撃してしまい病気を引き起こしてしまいます。

 

f:id:shiramitsu:20180407140348p:plain

まさに皮膚筋炎 / 間質性肺炎など免疫疾患の病気にぴったり当てはまります

糖鎖に必要な栄養素を補給

 

糖鎖は、8つの糖質栄養素からできています

しかし問題なのが普段の食生活で摂取できるものは8つの内たったの2つしかありません


グルコースは炭水化物などに含まれるので白米などで摂取可能

ガラクトースは乳製品などに含まれるので牛乳、チーズなどで摂取可能



残りの6つは炭水化物などに含まれるグルコースをもとに肝臓で作られます

なんだ、じゃーいいじゃん。白米食べてりゃ勝手に肝臓が作ってくれるんでしょと思いますよね。

でもね、これは元気な肝臓なら問題ないんだけど年齢で弱ったり、食品に含まれる添加物、化学物質、そして現代人の万病の元ストレスなどによってヘトヘトに疲れちゃっています。

そんな状態の肝臓では充分な栄養素を作ることができず、6つの栄養素が体内から不足し糖鎖が正常に働かなくなってしまいます。 


 問題の6つの栄養素はこれ!

マンノース
フコース
キシロース
N-アセチルグルコサミン
N-アセチルガラクトサミン
N-アセチルノイラサミン酸



こんな名前初めて目にするし、何のことか分かんないし、結局どうすりゃいいの?
それはね、体の内部で作ることが出来なければ外部から取り入れればいいの。

こたえ

人体の健康に必要なもので普段の生活では補えないならサプリメントを活用しましょう


ざっと糖鎖をお分かりいただけましたか。私は糖鎖を見つけたとたん涙が溢れ、これで妻が助かるかもしれない!と感動を覚えたことを今でも思い出します

でももし購入を迷ってる、あるいは購入を決断されたのであれば病院の医師に相談しない方が良いと思います。

きっと相談されても、そんなもの飲むな!とか、飲んでも効果ないですよ。といった感じの否定的な返答がほとんどだと思います。

医師の多くは西洋医学が一番優れていると思っているからです

入院中の空気から糖鎖のことを話しても、知らないとか、飲まないでくださいと言われそうでしたので実は私も医師には相談せず、内緒で飲ませていました。ですから肺の回復が認められたとき、医師から「信じられない」「どうして良くなったのか分からない」と驚きの言葉が発せられていました


調べたところ結構な数の販売店がありましたが、私の決め手となったのは

  1. 体内に入るものですから品質重視は譲れませんでした
  2. たけしの家庭の医学(朝日放送)で放送された信頼性
  3. サイトにレビューがあり、その中のコメントに間質性肺炎の方が非常に多くいらっしゃって、効果があったという文章が結構目についたからです



妻の服用した例を上げますと

基本的には通常1日1~2包ですが(天然素材なので副作用の心配が無い)、妻の場合事情が事情でしたので極端な話、1秒でも早く1粒でも多く摂取させたいと思い朝昼晩の1日3包飲ませました

退院後は経済面を考慮し、1日1包ですが肺の回復は続いています。

妻が飲んでいる糖鎖はこれ!← 気になったらクリックしてね
■次回予告■
これが不幸の始まり〈ピンク色のしみのようなもの〉
化粧かぶれだと思っていた顔にできたシミが実は皮膚筋炎のサインだった(画像公開)
更新いたしました

(さすがランキング上位のブログとても参考になりますよ)

ブログ村 間質性肺炎  ブログ村 皮膚筋炎